2011年11月11日

クルマ

今回の東京モーターショーでは、「にんげんの気持ちいいってなんだろう」をコンセプトに掲げ、同社が描く未来のモビリティライフを提案する。4輪車では次世代プラグインハイブリッド車の「AC-X」、電動シティコミューター「MICRO COMMUTER CONCEPT」、次世代EVスポーツモデル「スモールスポーツ EVコンセプト(仮称)」をワールドプレミア。

 さらに、市販予定モデルとして12月に発売予定の新型軽乗用車「N BOX(エヌ ボックス)」や「フィット EV」「CR-V」を、市販モデルとして「FCXクラリティ」「フィット ハイブリッド/フィットシャトル ハイブリッド」など10車種を展示する。


posted by ホッシー at 17:54| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

必見!!



posted by ホッシー at 22:52| 東京 ☀| Comment(54) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

<セ・リーグ>内川が首位打者など3部門初制覇

セ・リーグは12日、レギュラーシーズン全日程が終了し、個人タイトルが決まった。

野手部門では、内川(横浜)が首位打者と最多安打、最高出塁率の3部門を初制覇。打率は、99年ローズ(横浜)の3割6分9厘を上回り、右打者としての最高記録を更新した。本塁打王は、村田(横浜)が今季最終戦となった12日のヤクルト戦で46号を放ち、並んでいたラミレス(巨人)をかわし、2年連続で獲得した。北京五輪のため8月の12試合を欠場した中でのタイトルとなった。ラミレスは3度目の打点王だが、125打点は自己最多。

 投手部門は、グライシンガー(巨人)がヤクルト時代の昨年に続き、最多勝を獲得。クルーン(巨人)も初めてセーブ王に輝くなど、今季補強した巨人の外国人選手の活躍が目立った。防御率は、ルイス(広島)の2.679を0.002差で追っていた石川(ヤクルト)が12日の横浜戦で3分の1回を無失点に抑えて逆転し、タイトルを手にした。

 ▽巨人・グライシンガー 自分一人の力でこのタイトルをとれたわけではない。チームメートに感謝したい。「2年連続」も光栄だけれど、それ以上にリーグ優勝に貢献できたことが大きい。

 ▽巨人・クルーン 各チームの素晴らしいストッパーを抑えてタイトルをとれたことは光栄だ。先発、中継ぎの投手陣が僕につないでくれなければとれないタイトル。彼らにも感謝したい。

 ▽巨人・ラミレス チームに貢献できた証しだと思う。移籍した最初の年にタイトルをとって、リーグ優勝に貢献できたことは最高の幸せだね。本塁打に関しては(自身の)最終戦で並べたことで満足だった。村田さんに敬意を表したい。







タグ:横浜
posted by ホッシー at 17:28| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

傷心GG佐藤に荒療治…5番ライトで先発へ

傷心GGに荒療治…5番ライトで先発へ

西武の渡辺久信監督(43)は25日、北京五輪野球の準決勝と3位決定戦で3失策をしたG・G・佐藤外野手(30)に対し、当初の予定を変更して26日の楽天戦(西武)から「5番・ライト」でスタメン起用すると明かした。



 まさに“逆療法”だ。
指揮官は23日の3位決定戦後「登録はするけど試合に出るかどうかはわからない。DHの可能性もあるけど心が相当やられているはず」と語っていたが“再生方法”を考え直した。
 変心の理由は、配慮が逆効果となる可能性があからだ。指揮官は「泣きそうな子に優しくすると、逆に大泣きしてしまうことがある」と独特の言い回しで説明。「今まで通り5番・ライト。DHとかにすると、逆に本人が(守備を)気にしてしまう」と、普段通りの環境をつくり、シーズンに再び集中させる方針を示した。




 五輪期間中、代役として打率・370の活躍を見せたボカチカが右肩と背中を痛め、守備に就けないという事情もあるが、グラウンドでの借りはグラウンドで-という考えだ。また、当初のプラン通りチーム付きの鉾山丕(ほこやま・はじめ)メンタルトレーナーによる精神面のケアも行われる可能性もある。
 指揮官が「心の肉離れを起こしている」と心配する大砲は、この試練を乗り越えられるか-。
タグ:西武
posted by ホッシー at 23:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五輪代表・新井、腰椎を疲労骨折!今季絶望か…阪神





阪神は26日、北京五輪から帰国した新井貴浩内野手(31)が大阪市内の病院で精密検査を受けた結果、「第5腰椎(つい)疲労骨折」が判明したと発表した。1週間の患部安静が必要で、残るレギュラーシーズンへの出場は困難な状況となった。

 7月中旬に腰痛を訴えた同内野手は当初「左第4、第5腰椎(つい)の椎間関節炎」と診断されていたが、日本代表として出場した北京五輪中に症状が悪化したと見られる。この日、報告を受けた岡田監督は「骨折や。シーズンは無理かも分からんな」と話した。

 新井貴浩内野手「けがでチームに迷惑をかけ、ファンにも心配をかけて本当に申し訳ない。今は治療に専念し、できるだけ早く復帰できるように努力します」

 野球日本代表・星野仙一監督「申し訳ない気持ちでいっぱい。よく頑張ってくれた。そこまで悪かったんだとみじんも見せなかった。そういうふうにしたのは、わたしの責任。阪神と阪神ファンに申し訳ない」




タグ:阪神
posted by ホッシー at 22:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

卵の殻で小ビンを洗う


私が小さな頃、おばあさんが小さな口の細いビンを洗う時に、卵の殻を利用しているのを見ました。口が狭くて中に手が届かないビンの中に卵の殻1〜2個を細かく砕いて入れ、水を3分の1弱入れガサガサと揺すります。するとビンの中がピカピカにきれいになったことを覚えています。おばあさんのこの方法だと洗剤や漂白剤を使わずにすみ、洗いにくい口の狭いビンでもきれいにすることが出来ます。


タグ:知恵
posted by ホッシー at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

メル友ゲット

優良サイトで出会いをゲットしよう


タグ:出会い
posted by ホッシー at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

東京株式市場・寄り付き=続落、米株安受け売り先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は4日続落となった。
寄り付き後すぐに、前日終値比で200円を超す大幅な下落となった。 
 4日発表の12月雇用統計を受けて米国ではリセッションへの懸念が台頭し始めており、為替も1ドル108円台の円高傾向で推移していることから、ハイテクなど輸出関連銘柄を中心に全面安の展開となっている。業種別では、海運や不動産などの下げがきつい。 



タグ:日銀
posted by ホッシー at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

「愛媛では蛇口から出る」現実に!

ミカン王国・愛媛では蛇口からミカンジュースが出るといううわさは本当だった!?−−。えひめ飲料(松山市安城寺町)などは5日、同社のミカン飲料「ポンジュース」が出る無料の蛇口を、同市南吉田町の松山空港2階出発ロビーに設置した。7日まで。

 県の観光と物産をPRする「愛媛旬の味覚フェア」の一環。「愛媛の家庭には水、お湯の他に『ポンジュース』が出る蛇口がある」という都会の若者の間ではやる冗談を、同社と松山空港ビルが実現した。1日600〜700杯(約130リットル)限定で、6、7の両日は午前10時から午後2時まで提供する。

 「2007愛媛みかん大使」の黒田美貴子さん(25)が搭乗待ちの帰省客らに呼び掛け、子どもたちは不思議そうに蛇口をひねって飲んでいた。宇和島市の祖母宅に帰省していた東京都世田谷区の増井咲さん(13)は「本当に出てびっくり」と話していた

タグ:都市伝説
posted by ホッシー at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和の大型補強、高原獲得で完了

クラブW杯3位の浦和が世界の強豪に勝つための大型補強を完了させた。同クラブの中村修三GM(49)は5日、フランクフルト退団を決めた日本代表FW高原直泰(28)が帰国次第、正式契約を結ぶことを明言し、08年シーズンに向けた補強終了を表明。昨年12月のクラブW杯準決勝でACミランから得点を奪えなかった反省から攻撃的な選手を獲得し、世界舞台で欧州&南米の両王者に勝てるメンバーを整えた。
 高原獲得確定の吉報に浦和幹部は、喜びを隠せなかった。フランクフルトとのクラブ間交渉は条件面で大筋合意済みで、あとは高原の決意次第だった。中村GMは「相手クラブと話はできていたので、あとは高原選手と監督の話し合いだけだった。これですっきりだね」と08年シーズンに向けた大型補強の完了を宣言。今週中にも帰国する高原と推定年俸1億5000万円の3年契約で正式にサインをかわす見通しだ。
 日本人最強のストライカー加入で、浦和には世界と対等に戦うためのメンバーがそろった。既に大分からU−22日本代表のMF梅崎を獲得。元ブラジル代表FWワシントンに代わり、07年に新潟で19得点を挙げたFWエジミウソンの加入も決まった。永井、田中達と好素材のFW陣をそろえながらも、FWを中心とした攻撃的な選手を次々と獲得したのは昨年12月のクラブW杯での痛感した攻撃力の差を埋めるためだった。
 準決勝のACミラン戦では対戦クラブからも組織的な守備力の高さを評価された。欧州王者の攻撃を1失点に抑えたことは大きな収穫だったが、逆に攻撃チャンスは少なかった。中村GMは「守備は組織でやれるが、攻撃は『個の力』に頼る部分が多い。世界と戦うためには世界の強豪を突破できる人材が必要になった。それが最重要ポイントになる」と08年シーズンに向けた補強を挙げていた。その目玉が高原だった。
 既に選手からも大型補強に歓迎ムードが漂う。平川は「チームが強くなるためには必要だし(高原獲得は)いいこと」と言えば、一転残留確実になった高原の親友の小野も「選手層が厚くなって誰が出られるか分からない状況になることが、チームのレベルアップにつながる」と一緒にプレーできることを待ち望んだ。アジアチャンピオンズリーグ連覇、リーグ王者奪回だけが目標ではない。高原ら大型補強を終えた浦和が08年、世界の強豪からの勝利を目指す。



タグ:サッカー
posted by ホッシー at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。